英語やMacについてなど勉強したことを書くブログ

学ぶログ

Mac

【2015年版】MacBook Pro・AirのUSキーボードモデルを安く購入する方法【CTO】

投稿日:2015年5月11日 更新日:

スポンサードリンク

150511_MacBook

MacBookUSキーボードのモデルがあるのは知ってますか?わたしもその存在は知っていましたが、なぜわざわざUSキーボードにするのか、どんなメリットがあるのかは詳しくは知りませんでした。

Macが大好きな人は、どうしてUSキーボードを選択するのかとても気になりますね。

そこで、「MacBook Air」から「MacBook Pro」への買い替えの機会に、MacbookをUSキーボードにするメリットや、一番お得にUSキーボードにカスタマイズして購入する方法を調べたので紹介します!

スポンサードリンク

MacBook AirからMacBook Proへ買い替えた理由

わたしは「MacBook Air」(13-inch, Mid 2011年モデル)を4年くらい使っていて、特に不満はありませんでした。でも、さすがに4年も使っていると、時々動作が重くなることがあったり、バッテリーの持ち時間が短くなってきました。

そこで、2015年春に「新型MacBook」が発売されたこともあり、買い替えを検討し始めました。

改めて、大した不満もなく4年間も使える「MacBook Air」の完成度の高さはすごいと思います。

このまま壊れるまで使い続けることも考えたのですが、4年も経てば技術もかなり進歩しているはずです。使っていて不便さは感じないものの、新しいMacBookを使えば得られる体験や時間を無駄にしているかもしれないと思いました。

特にRetinaディスプレイは、使った人から「もう普通のディスプレイには戻れない」というくらい評判がいいので、この機会にMacBookを買い替えることにしました。

せっかく買うのだから、「MacBook Air」の最新版を買うか、「MacBook Pro」にアップグレードするか、はたまた「新MacBook」にするか、そして、USキーボードのカスタマイズはするべきか、比較検討しました。

新MacBook・Air・Proのどれがいい?

「新MacBook」、「MacBook Air」、「MacBook Pro」のどれにするかでとても悩みました。

MacBookを買ったことのない人にとっては、どれも似たような名前で違いがわかりにくいですよね。

めちゃくちゃ簡単に説明すると、「MacBook Air」は薄くて軽いモデルです。「MacBook Pro」はそこまで薄さや軽さはないですが、性能が上位のモデルです。そして、「新MacBook」は2015年に新しくラインナップされたモデルで、「MacBook Air」をさらに薄くし、「Retinaディスプレイ」や「感圧タッチトラックパッド」といった新しい機能が搭載されたモデルです。

2015年はこの「新しいMacBook」の話題で持ちきりでした。

「MacBook Air」以上に薄くて軽い、そして、Retinaディスプレイのこのモデルはとても魅力的に思えましたが、迷いに迷った末、あえて「MacBook Pro」を選びました。ではなぜ、「MacBook Pro」を選んだのか説明します。

まず、「新MacBook」のメリット・デメリットをまとめました。

新MacBookのメリット

  • MacBook Airよりも薄い・軽い
  • USB-Cポートが1つだけでスッキリしている
  • Retinaディスプレイ
  • 感圧タッチトラックパッド

新MacBookのデメリット

  • CPUが非力(あくまで2015年モデルのMacBook Air、Proに比べて)
  • USB-Cポートが1つだけなので、アダプターを買い足さなければならない。アダプターが結構高い!
  • 12インチの画面は小さい?

MacBook Proを選択した理由

買い替えを考えた一番の理由が、MacBook Airが重くなってきて、仕事でもプライベートでもメインで使えるマシンが欲しかったことです。

MacBook Proの方がCPUがの性能がいいこと、新しいMacBookはUSB-Cポートが1つだけなのは色々と不便ではないか、ということから新しいMacBook Proを選びました。

もう一つの選択肢、2015年3月に発売したMacBook Airへの買い替えも検討したのですが、Retinaディスプレイではないこと、新しい感圧タッチトラックパッドが搭載されておらず、目新しさがないので候補から外れました。

今後また4年くらい使うことを考えると、できるだけスペックがよくて、新しい技術が搭載されている方がいいだろうという判断でした。

MacのUSキーボードの魅力とは?

150511_MacBook2

お待たせしました。やっと本題に入ります。MacのUSキーボードについてです。

前回、「MacBook Air」を購入したときは、初めてのMacだったので、USキーボードにCTO(カスタマイズ)できることを知りませんでした。

買った後にブログなどでUSキーボードの評判を知り、USキーボードにしておけばよかったと後悔しました。

日本語が印字されていないのですっきりした印象で、キーの大きさも日本語キーボードと少し違います。見た目も使い勝手も良さそうです。次にMacを買うときは、USキーボードにカスタマイズしようと思いました。

USキーボードはどうやって注文するの?

アップルストアで注文するときにオプションでUSキーボードを選べます。

スポンサードリンク

しかし、アップルストア以外では、USキーボードにカスタマイズできるところがなかなありません。

日本語キーボードのMacBookであれば、価格.comなどの安いネットショップで定価より数万円も安くMacBookを買うことができきます。しかし、アップルストアは定価なので、USキーボードのMacBookは日本語キーボードよりも高い買い物になってしまいます。

わたしと同じようにUSキーボードにしたいけど、日本語キーボードより価格が高いので迷っているという人に、USキーボードのMacBookがお得に買える方法を紹介します!

MacのUSキーボードCTO(カスタマイズ)のメリット・デメリット

USキーボードにすることでの見た目の良さや使い勝手については多くのブログで述べられているので、ここでは、購入時に気をつける点について説明します。

量販店ではUSキーボードモデルを扱っていない

150510_MacBook Pro_kakaku

そもそも価格.comなどで安く買える店では、ほぼ既存モデルであるJISキーボードしか選べず、USキーボードにカスタマイズできません。

2015年5月10日現在、「MacBook Pro Retinaディスプレイ 512GBモデル」の価格.com最安値は定価より36,281円も安い価格です。

USキーボードを選択することにより、この値引きをあきらめることになります。3万円以上の価格差ですので、かなり大きいですね!

納期が長くなる

カスタマイズなしのモデルは在庫があればその場で持ち帰れるます。

しかし、USキーボードは受注発注なので、届くまで2〜3週間見てくださいと言われます。

もう少し早いことが多いらしいですが、店側もAppleからの納期がわからないので、これくらいの時間をとっているとのことです。

カスタマイズ注文したら定価になる

通常モデルを割引をしているお店でも、カスタマイズしたらアップルストアと同じ価格になります。

ただし、ポイントは付きますので、還元率によっては、アップルストアで購入するよりお得です。

MacのUSキーボードを一番お得に購入する方法は?

ほとんどの量販店で扱っておらず、値引きもないMacBookのUSキーボードモデルですが、少数の店舗では扱っており、値引きやポイント還元が受けられます。

それでは、どこの店舗で、割引やポイント還元を受けれるかを説明します。

秋葉館

法人、個人事業主、フリーランスの人はこちらのサイトから割引価格で買えます。

http://form.akibakan.com/

以前は約5%の割引価格だったのですが、今回見積もりを依頼したところ、約2%の割引でした。

ソフマップ

ソフマップでは、USキーボードにCTO(カスタマイズ)できました。
カスタマイズなしのモデルと違って割引はないのですが、ポイント還元はあります。

ソフマップ会員の種類によって、ソフマップポイントカードでは5%、ソフマップ プレミアムCLUBカードでは6%ポイントが付きます。

ソフマップ プレミアムCLUBカードは初年度は無料ですが、1年に1度も利用しなかった場合、年会費980円+消費税がかかるので、使わない場合はポイント使用後に解約しておく必要があります。

「MacBook Pro Retinaディスプレイ 512GB」の場合、定価の225,504円に対して、13,531ポイントが付きます。

よって、カスタマイズなしのモデルの最安値(価格.com)と比べると、実質22,750円の差額(ポイント分を含む)になります。

この差額を払っても、USキーボードにしたいかどうか、が基準になります。

わたしが購入したのはここ!

わたしは今回、ソフマップで「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」のUSキーボードを注文しました。

なぜ、USキーボードにこだわったかというと、試してみないと本当に良いのか悪いのかわからず、USキーボードにしておけばよかったのではないか、という疑問がずっと残ると思ったからです。

結果的には、USキーボードにして大満足です!

一度USキーボードに慣れたあとに、日本語キーボードを見ると、ごちゃごちゃしてて使いにくいです。

また、個人的に英語を勉強中で、Macの言語を英語に設定していることもあり、せっかくなのでキーボードも英語のみの方がテンションが上ります(笑)

まとめ

MacBookをUSキーボードにCTO(カスタマイズ)すると、買える店舗や割引は少なくなります。しかし、アップルストアで買うよりもお得に購入する方法があることがわかりました。

長く使うものなので、できるだけ自分が気に入ったものをお得に買いたいですね!

「MacBook Air」を買った4年前と比べると、仕事も生活スタイルも全くと言っていい程変わりました。

私はこの4年間、どこに行くにも「MacBook Air」を持って移動しており、まさに「MacBook Air」は生活スタイルを変える道具と言ってもいいくらいなので、買い替えには感慨深いものがあります。

この変化の早い時代、次の数年間を共にするパートナーと考えたとき、「MacBook Pro」が現時点で最高の選択肢でした。

スポンサードリンク

-Mac
-, ,

Copyright© 学ぶログ , 2018 AllRights Reserved.